チェンバリスト Cembalo

末次克史 Katsufumi SUETSUGU

末次克史 山口県新南陽市(現周南市)出身。
広島音楽高等学校作曲科、武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、 ベルギーに渡る。ベルギー王立モンス音楽院において、、チェンバロでスーペリオール、室内楽でプルミエ・プリを獲得。チェンバロを故アラン・ジェームス、室内楽をギー・ヴァン・ワース、 各氏に師事。

これまでに、聖ミッシェル大聖堂、王立礼拝堂など数々の教会を始め、王立劇場、また、アンヌヴォア城、スネッフ城などベルギー各地に点在する古城で演奏。
チェンバリスト、通奏低音奏者として、ベルギーを中心に欧州各地で活動。

2000年3月。師である故アラン・ジェームス、ベルギーのソプラノ歌手エディット・サンマールと共に、「チェンバロ 雅なしらべ風車の森コンサート」、母校である周南市立(旧新南陽)富田中学校の生徒を対象に「バロック音楽鑑賞会」を開く。
2002年12月には、山口県周南市(旧徳山市)ホテルサンルート「クリスタルチャペル」、サロン「銀の森」両会場に於いて、ヴィブラホンとのジョイントを加え、「〜バロックなクリスマス〜いつか出逢ったバロックのメロディー」と題したコンサートが、好評を博す。

2003年11月〜12月には、チェンバロコンサートシリーズとして、ソロコンサート(山口市)のほか、尺八&篠笛と和楽器とのコラボレーション、またマリンバ、フルートといったモダン楽器との共演で、なじみのあるバロック音楽を中心に、自らアレンジしたクリスマスソングや映画音楽等も取り入れ、ジャンルを越えたプログラムで全会場とも満員御礼の好評を博す。
この年、NHK山口放送で特集を組まれたほか、山口県内のテレビ局、ラジオ等に多数出演。

つい先頃は、ピアニストとして十数年ぶりに表舞台へ復帰。又、声楽家として現代音楽コンサートに出演するなど、チェンバロにとどまらず、演奏家、作・編曲家として楽器を超え、ジャンルを超え、マルチな才能を発揮している。現在、ベルギー在住。

末次克史   アンヌボォア城   

****************************************

チェンバロについて

Harpsicord(英米)Clavicembalo(伊)Clavecin(仏)Cembalo, Kielflugel(独)チェンバロ(日)

チェンバロには一段鍵盤と二段鍵盤のものがあります。ピアノはハンマーで弦を叩きますが、チェンバロでは爪(プレクトラム)で弦をはじいて音を出します。キー・タッチによる音の増減ができるピアノと違って、 チェンバロではプレクトラムの腰の強さで音量が決まります。演奏方法による強弱はほとんどつきませんが、レジスターをいくつか備えていて、その組み替えでニュアンスをつけることができます。

構造や製造法や音色などの違いによって、イタリアン・タイプ、フレミッシュ・タイプ、フレンチ・タイプ、イングリッシュ・タイプ、ジャーマン・タイプなどに分類されます。

   




■お問い合わせ■

Music Productions
Langue de Chat
Since1995
3-37-1-705 Mouri-cho,Shunan-city,Yamaguchi pref.
JAPAN
TEL0834-31-6795 FAX0834-31-6796


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送